ハウスメーカーの現地調査では何を行っているのか?

2020年04月15日

ハウスメーカーは仕事を依頼されると必ず現地調査を行います。現地調査では登記簿で所有者等を確認し、法規制を調べます。これらはネットの利用も可能ですが、現地での確認も必要です。敷地境界を調べて測量により敷地面積を確認することで、初めて計画が可能となります。地盤強度は構造を決めるために必要で、住宅瑕疵担保責任保険を受けるための要件となっています。

ハウスメーカーが行う現地調査には敷地面積も含まれます。敷地の形状は登記簿にも書かれていますが、実際と異なる場合もあるのです。実際の設計に際しては、はっきりした敷地の形状を測量により確認することが大切となります。敷地によっては境界線がはっきりしていないこともあります。その場合は設計の前に境界をはっきりさせることが必要ですが、それは所有者においてなされなければなりません。場合によってはハウスメーカーがしかるべき専門家を紹介することもあります。

それぞれの敷地は建築基準法による法規制を受けます。都市部は用途地域で区分されているのが普通なので、その用途地域を確認することが必要となってきます。用途地域により建てることのできる用途が異なり、建ぺい率や容積率も異なってきます。同じような敷地に見えても、そんな法規制がかかってくるかで建てることのできる建物が異なることになります。

住宅を建てる場合は道路の種類や位置と幅員も重要な意味を持っています。原則として道路は一定の幅員が必要で、それが確保できない場合は再建築不可となることもあります。二項道路や指定道路などの私道と一定幅以上接している場合は、住宅を建てることができます。都市計画区域内では原則として敷地は道路と接していなければ建物を建てることができません。敷地調査では道路の確認もなされることになります。

ハウスメーカーが現地調査で行うことの一つに地盤調査があります。住宅の場合は簡易的な調査方法により強度が推定されますが、ボーリング調査が必要となる事態も発生します。さらに、過去の敷地の使い方を古い地図から調べるなどして、はっきりした地盤の強度を確認するのが一般的です。河川の近くや以前に田んぼだった敷地は弱いことが予想され、地盤改良などの対策がとられます。

現地調査は晴天の日だけでなく、雨天の日も必要と言われています。雨天の調査で排水の状態が確認できるからです。洪水被害に遭いやすいかどうかは自治体の発行するハザードマップにより確認することになります。洪水が予想される場合は建物の床面を上げるなどの対策がとられることもあるので、慎重な調査が必要です。

関連記事
ハウスメーカーごとにメンテナンス費用を比較してみました

ハウスメーカーはそれぞれメンテナンスのスタンスが異なります。保証期間や定期点検の間隔などはハウスメーカーによって異なるのが一般的です。ユニバーサルホームは期間が30年のロングサポートプログラムにより住宅をサポートしています。ユニバーサルホームは10年の地盤保証が付いていることも安心材料と言えます。ア...

2020年03月10日
地盤調査は必要or不要?どちらが正解なのか?

良心的なハウスメーカーは積極的に地盤調査を行います。建物は上部構造がいくら丈夫でも、地盤が安定していなければ、地震が起きた時に心配です。ハウスメーカーの行う地盤調査の結果、問題ある判定がなされたときは、理由を聞くことが大切となります。理由を聞くことで地盤の状況を的確に認識することができるはずです。工...

2020年02月04日
ハウスメーカーの適切な断り方についても知っておきましょう

ハウスメーカーの営業マンは押しが強い人が多いので、もし断る場合は曖昧な返答は好ましくありません。断り方のコツは事前に理由を伝える手間を省かず、見積もり前の時点で毅然とした態度で断るべきです。見積もり前に理由を伝えるのはハウスメーカーに手間をかけさせないためです。見積もり後では予算オーバーを理由として...

2019年12月10日
ハウスメーカーが紹介する提携ローンに加入するメリットとは?

ハウスメーカーが紹介する提携ローンは手間がかからない点や審査の早さと言ったメリットがあります。また、ハウスメーカーが紹介する提携ローンは優遇金利が用意されていることが多く、自分で金融機関を探すよりも有利な点が発見できます。住宅ローンは自分で金融機関を探す方法と、ハウスメーカーの提携ローンを選択する方...

2020年01月10日
味わいのある木造住宅に強いハウスメーカーをピックアップ!

ハウスメーカーにも多くの会社がありますが、その中でも木造住宅を得意としている会社があります。木造住宅を依頼する場合はそれが得意な会社に依頼したいものです。住友林業はきづれパネルを用いた耐震性にすぐれる住宅をつくっています。住友林業のきづれパネルは通常使われる筋違いの役目を果たしますが、より優れた耐震...

2019年12月26日
工務店とハウスメーカーの違いとは?各特徴を知っておきましょう

住宅を依頼する場合、ハウスメーカーと工務店のどちらに依頼したらよいのか迷うところです。ハウスメーカーと工務店の違いや特徴を理解し、ブログ等も参考にしながら自分の目的に合うところに依頼することが勧められます。一条工務店は企業規模が大きく全国展開しているので、工務店ではなくハウスメーカーに分類されます。...

2019年11月23日
ハウスメーカーごとに坪単価が異なるのはなぜ?理由を教えます

ハウスメーカーにより坪単価が異なるのは計算方法にルールがないことが原因と言われていますが、そればかりではありません。そもそも、住宅は一棟ごとに中身が異なることが原因しています。住宅は坪単価が最初に決められることは無く、見積もりによって工事費が算出できてから、最終的に計算されるものです。そのため、異な...

2019年11月07日
悪評の高いハウスメーカーの特徴を解説します

ハウスメーカーには消費者から評判の高い会社がある一方、悪評が目立つところもあります。その違いを知ることは、ハウスメーカーを知る上で大切なことです。評判の高い会社には例外なく良い担当者がいます。逆に悪評の立つ会社にはあまり優秀な担当者がいないのも事実と言えます。欠陥住宅もある程度は営業マンの態度や能力...

2019年10月26日